高いビルとマンションのリビングルーム
公開履歴
きれいな部屋

一戸建てを新築で購入することは様々なメリットがあります。一戸建ては単なる資産価値ではなく、憧れでもあります。資産価値としては子供に資産を残すことができ、一代限りのものではありません。建物が古くなった場合はリノベーションも自由です。賃貸物件では味わえない自由は一戸建てを新築で購入するメリットと言えます。将来資産価値が低下した場合でも、売却するかリフォームするかを選ぶことが可能です。資産価値の低下は築年数が影響するほか、経済状況にもよります。所有者は総合的な判断を求められます。

新築の一戸建ては土地を選ぶことから始まります。土地が選べない賃貸物件とは大きく異なり、将来の楽しみを増やすことが可能です。建物は築年数により資産価値が下がりますが、土地は必ずしも経年によって下がるわけではありません。新築一戸建ては庭があるので、プライバシーが確保できます。特に、子供が発する大きな声を気にしなくて済むメリットは大きいと言えます。プライバシーが確保できることで、子供は伸び伸びと過ごすことできるようになります。

新築一戸建てで、リフォームが必要になるのは数十年後です。家族の構成は経年により変化します。家族の構成が変化した場合はそれに合わせてリフォームすることで、長く住むことが可能です。家族に介護が必要になった場合は、そのためのリフォームも必要となり、自由に建物に手を加えることのできるメリットは計り知れません。介護のためのリフォームには個室を増やすことも含まれるので、賃貸物件では無理な場合もあります。

土地を選ぶことのできるメリットは良い環境に暮らせることにつながり、賃貸物件では求められないものです。周辺に学校や病院があり、公園や集会所などが近ければ、それだけ生活がしやすくなるので便利と言えます。土地の資産価値は将来において変化しますが、一定レベルで維持できれば、子供や孫に残すことも可能です。新築一戸建ては賃貸物件には無い様々な価値を得ることができるので、自由度が増加します。

新築一戸建てでは庭を造る楽しみがあり、自分の好みに合ったつくりにすることが可能です。庭には木や花などの植栽をほどこし、ガーデニングも思いのままです。イギリスでは一般的なガーデニングですが、日本の賃貸物件ではできません。しかし、一戸建てならば自由に行うことが可能となります。子供から高齢者まであらゆる年齢層の家族を守ってくれるのが一戸建ての魅力です。